[プレスリリース]ソーシャルビレッジ仙台 開所のお知らせ

就労継続援B型事業所 ソーシャルビレッジ仙台開所のご案内

福島県、宮城県にて障がい福祉サービス事業所を運営するスタンディ株式会社(本社 福島県郡山市、代表取締役 吉田 幸宏 以下 スタンディ)は、 宮城県より指定を受け、新しく宮城県多賀城市に、「就労継続支援B型事業所ソーシャルビレッジ仙台」(以下 ソーシャルビレッジ)をOPENすることとなりました。ソーシャルビレッジは、スタンディと、就労支援事業を行う 株式会社manaby(本社 宮城県仙台市、代表取締役岡﨑 衛、以下 manaby) の「公式アンバサダー」の第一号事業所として新たに開所いたします。

■ソーシャルビレッジ仙台について https://socialvillage.jp 「地域、医療、福祉の連携」「IT、文化、芸術、防災」をコンセプトとする就労継続支援B型事業所です。
パソコン作業を通じたITスキルの訓練、アートを中心とした創作活動、地域 企業と連携した受託作業を中心として、利用者に就労の機会を提供するほか、地域でのボランティア活動等へ参加を通して、文化的で充実した地域生活を送れるようサポート。ITスキル訓練には、eラーニングおよびカウンセリングサービスを提供する、「manaby WORKS」を導入し、同サービスを活用した事業所運営を行います。

【就労継続支援B型事業所 ソーシャルビレッジ仙台】
住 所:〒985-0873 宮城県多賀城市中央3-10-5 Oggeビル 4F(JR 仙石線多賀城駅 北口より徒歩1分)
T E L:022-794-7147
F A X:022-794-7148
MAIL:sv-sendai@socialvillage.jp
営業時間:月〜金曜日 9:00~17:00 土曜日 9:00~15:00(日・祝休)
管理者:米沢菜名子

■manaby 公式アンバサダーとは(manaby official ambassador) とは、manabyの想いに共感し、manaby独自開発のeラーニングを活用して、一人ひとりが自分らしさを学び自分らしく働くためのサポートをしていく仲間を、「manaby公式アンバサダー」と認定するものです。

■manaby(マナビー)について https://manaby.co.jp/ マナビーは、「一人ひとりが自分らしく働ける社会をつくる」ことをミッ ションとして「在宅」就労を実現するためのITスキルを「在宅」で学ぶこと ができる就労支援事業を行っています。障害特性から外出が困難な人、人混みで体調を崩してしまう人、通勤が難しい人は少なくありません。障害によって働くことをあきらめて欲しくない、という想いからマナビーは生まれました。特長は独自開発のeラーニングシステムで、障害者就労支援の現場 で利用者の声を反映しながら改良を重ねてきました。事務系スキルやプログラミングスキル、デザインスキルのほか、専門家監修のセルフケアを学ぶこ とができます。それぞれが自分らしく働き、企業や社会に貢献していくことを目指し、地域機関と連携した包括的なサポートを行っています。

■スタンディ株式会社について https://standy.co.jp スタンディ株式会社は、すべての人々にとっての壁(ボーダー)を取り払い、誰もが“自分らしい”生活を実現できる共生社会を創るため、新しい価値の福祉サービスを提供するソーシャルベンチャー企業です。

【会社概要】
会社名:スタンディ株式会社
代表者:代表取締役 吉田 幸宏
所在地:福島県郡山市駅前1-14-21 8F
連絡先:TEL 024-900-0133
設立日:2017年10月
資本金:2000万円
代 表:代表取締役社長 吉田 幸宏
事 業:障がい者福祉事業

【本件に関するお問い合わせ】
スタンディ株式会社 取締役 COO 中西 渉
TEL:024-900-0133
Mail:support@standy.co.jp


(添付参考)

https://newsrelea.se/7zNvza

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。