マイペースに自分らしく-02
マイペースに自分らしく-02

ワークス事業部 '18 入社

手書き文字_森菜々子-03
手書き文字_森菜々子-03

・スタンディとの出会いを教えてください
学生時代に就職活動を行っていたとき、スタンディの求人を見たことが最初のきっかけです。情報収集したところ、スタンディの事業所が私の地元にもあることを知りました。当時の私は、直接人と関わり、人生の一部をサポートする仕事に就きたいという軸を持って就職活動を行っていました。就労移行支援事業はその軸に当てはまり、実際の業務を自分の目で見たいという思いから事業所見学をさせていただき、インターンシップにも参加しました。見学時、先輩STAFFからお話を伺い、スタンディの理念に強く共感したこともきっかけに、私もスタンディの一員になりたいと思ったことを覚えています。

・現在の仕事内容を教えてください
就労移行支援の支援員として働いています。事業所を利用されるcrewさんの日々の訓練や、就職活動のサポートをさせていただいています。就労移行支援事業所では、就職することがゴールではなく、就労定着を目標としています。そのためにも、対話を通して利用者さんの自分らしさを見つけるサポートを行い、利用者さんが自分らしく働ける形を一緒に考えています。

・頑張っていることはなんですか?
自分に自信と実力をつけることです。
CREWさんに自信を持って就職活動を進めてもらうためには、まず私が自分に自信を持てるようになることが必要だと思っています。また、CREWさんが安心して通所し、就職活動を進めるためには、支援員に実力がなければならないと思っています。入社1年目だからこそ、自分の限界を決めずに何事にも挑戦し、自信と実力をつけていきたいです。

・スタンディの好きなところを教えてください
「前例がないからできない」ということが無いところです。私は大学4年時の夏休みに、職場を見学させていただき、急遽インターン制度を導入していただいて、インターン1期生としてお世話になりました。内定をいただいてから入社までの期間には、有給インターン制度も導入していただき、学生時代もスタンディで多くの経験を積むことができました。突然の依頼にも関わらず、柔軟かつ迅速に対応していただける社風は、他には無いものではないかと思います。

・仕事を通して自分自身に変化はありましたか?
自分の意思で新しいことにも挑戦できるようになったと感じています。学生時代は、誰かに依頼されたり、後押ししてもらったりすることで、やっと挑戦できるといったことが多くありました。スタンディに入社してからは、「なりたい自分」が少しずつ見えてきたこともあり、それに近づくためにも自分から挑戦していこう、と思えるようになりました。そして何よりも、スタンディには挑戦できる環境があるので、新しいことにも失敗を恐れずに取り組んでいきたいと思っています。

 

・スタンディで実現したいことはありますか?
様々な人生観に触れ、視野を広く持って働くこと。

・スタンディに求めることはありますか?
急速な社会の変化に対応し続け、持続可能な社会を社員みんなで作って欲しいです。